ラクシャ(お守り、護符)

●第14章や特別章、または通常の章の途中に、”ラクシャ(お守り、護符)を作成し身に着けた方が良い”との記載がされます。これは日本で言うところのお守りとほぼ同じです。日本の寺院や神社では、既成のものが販売されていますが、この葉に登場するものは、各個人や各々の問題に対して最適のものが個別に指定されます。完全オーダーメードで、作成完了までに約8ヶ月(各個人によって作成期間は異なります。)くらいかかります。作成はインド現地の館や寺院のブラーミン(僧侶)によって行われます。たいてい薄い銅版に、絵文字や模様(マントラやヤントラ)を刻み、毎日決められた時間に、各個人名と意味のある特定のマントラ(お経)を詠唱し、銅版にその力を入れます。それを約8ヶ月間、毎日繰り返します。作成を開始するにあたり、お守りの種類や個人により吉祥の日や月というものがあるようです。作成完了後は、依頼者により銀製の小さな筒(ロケット)にいれて、ネックレスにして身に着けたり、部屋において特定の曜日に拝んだりと様々です。(身に着け方も葉の中で指定される場合があります。)このお守りを携帯することで、他の人々からの悪影響(恨みや妬み、怒りなどの想念によるもの)を防いだり、過去世からくる他の人々からの悪影響(いわゆる怨念や霊魂による悪影響と呼ばれるもの)を防ぎ様々な障害を取り除くと葉には記されてます。葉の記載によれば、他人の悪想念の影響で、様々な問題が起こったり、病気になったりするのは真実かもしれません。

●ラクシャ(お守り、護符)を身に着けた後の体験例●

例1:今まで、会社での仕事で、重大なトラブルが数多くありましたが、このお守りを身に着けたことによるものかどうかは定かではありませんが、発生するトラブルの件数も減り、トラブルが起きても、なぜか問題が早く片付いたり、他の協力が得られたりして、それほど大きな問題とならずにスムーズに事が運ぶようになった感じがあります。

例2:これまで就寝後、悪夢を見ることが多かったのが、殆ど見ないようになりました。

 

■ 今までに葉の中で確認されたラクシャ(お守り、護符)の種類 ■

PANCHAKSHARA MANTRA POOJA (パンチャクシャラ マントラ プージャ)

RAJARAJESHWARI MANTRA POOJA (ラジャラシュワリ マントラ プージャ)

SUBRAMANYA ENTHRA POOJA (スブラマンヤ ヤントラ プージャ)

SHIVA PANJATCHARA GNANA VINJAI (シバ パンジャッチャラ ニャーナ ビンジャイ)

DURGADEVI ENTHRA POOJA (ドゥルガデビ ヤントラ プージャ)

PANJATCHARA ENTHRA JEBAM (パンジャッチャラ ヤントラ ジーパム)

KALABAIRAVAR ENTHRA POOJA (カラバイラバール ヤントラ プージャ)

SHATRU SAMHARA MANTHIRAM (サトル サンハラ マントラ)

GURU DAKSHNAMURTHI ENTHRA POOJA (グル ダクシュナムルティー ヤントラ プージャ)

ANUMAN ENTHRA POOJA (ハヌマーン ヤントラ プージャ)

ANJANEYA MANTHRA(HANUMAN MANTHRA) (アンジャネヤ マントラ(ハヌマーン マントラ))

GANAPATHI MANTHRA JEBAM (ガナパティー マントラ ジーパム)

GARUDAN ENTHRA JEBAM (ガルーダン ヤントラ ジーパム)

SHADATCHARA MANTHRA JEBAM (サダッチャラ マントラ ジーパム)

PARVATHI MANTRA POOJA (パールバティー マントラ プージャ)

(上記の中には異なる呼び方で同じ意味のものも含まれています。)

 

■実際のラクシャ(お守り、護符)■

*下の写真のように文字や図形の描かれた正方形の薄い銅版を銀製のロケットに入れ、ネックレスなどにして身に着けます。また身に着けずに、部屋において特定の曜日に礼拝を行ったりするものもあります。各人により異なり、葉の中で処方を指定される場合もあります。ネックレス等は銀製の方が効果があるようです。銀製のロケットは無償でお付けします。もしくはすでに館や寺院において銅版をロケットに入れた状態にして渡してくれる場合もあります。

 

●身に着けるタイプのもの●

(クリックすれば拡大表示されます。)

 

●部屋などに置くタイプのもの。1辺が15cm程ある。(ヤントラ:特殊な図形や文字が書かれたもの)●

(クリックすれば拡大表示されます。)